デルタのドッグトレーニング

デルタのドッグトレーニング

人間の子供の教育は学校に通わせ専門の先生が行います。これは「教える」という行為が特別な技能を必要としているためです。ほとんどの大人は小学生が習う算数や理科の知識を持っていますが、知識を持っていることと教えることは、別の技能を必要とします。

「犬の教育」はどうでしょうか?

ドッグトレーナーに犬の教育を学んだ飼い主様はとても少ないと感じます。

デルタでは「人と犬が共存できる社会の実現」を目指しております。

この社会の実現には人と犬がお互いを理解することが大事であり、その理解を助けてくれるのがドッグトレーナーという存在だと考えています。

デルタではお客様にもっと「ドッグトレーニング」の重要性を知ってもらい、「かかりつけ医」ならぬ「かかりつけドッグトレーナー」を持てる社会にするため、しっかりと経験を積み、最新の教育方法を身に着けたドッグトレーナーをお客様に紹介させて頂いております。

 

デルタのトレーニングのシステム

 デルタでは有動トレーナーを隔週でお呼びしてトレーニングを実施して頂いております。

 飼い主様は、トレーニング開催日にご予約を頂き、店舗で40分のトレーニングを受けて頂きます。

 受講内容は、こちらでご用意するコースから好きなものをお選びいただけます。

 複数回にわたるコースもございますが、途中変更可能です。

 また、有動トレーナーのトレーニング方針にご納得頂けた上で、実際のご受講を受けて頂きたいという想いから、初回のトレーニングは無料で行わせて頂きます。

 トレーニングの開催曜日は、平日・土曜を交互に繰り返させて頂いております。ホテルの繁忙期(年末年始、お盆など)はお休みさせて頂く場合がございますが、月に2回は開催する予定です。万が一長期に複数月に渡り、日程が合わないことが分かっている場合は、お客様の予定に合わせて臨時開講するなどの対応も行っております。

 

料金

4回 15,000円(税込)

 

受講方法

①トレーニング実施日からご都合の良い日をご予約下さい(ページ下を参照)。

トレーニングの日程調整のイメージトレーニングの日程調整のイメージ2 

 

②ご予約されたお時間にデルタ店舗にお越しください。

トレーニングに向かう飼い主と犬

 

③トレーニングをご受講頂きます。

トレーニングの様子

 

④内容にご満足いただけ、継続受講を申し込まれる場合は、料金をお支払い頂き、次回日程をご予約下さい。(4回チケット15,000円、初回トレーニング含)

トレーニングの次回申し込み

 

現在開催中のトレーニング

ワンちゃんとの生活でお困りごとがある飼い主様 しつけ相談会

しつけ相談会のイメージ

〇内容

吠え、噛み、お留守番など、ワンちゃんに関するお悩みをざっくばらんにご相談ください。

〇レッスン回数

ご相談内容に応じてお伝えします。

 

3.11を忘れていませんか?災害時に必須のクレートトレーニング

クレートトレーニングのイメージ

〇内容

東日本大震災から8年が経ち、3/11以外ではこの地震について語られることもほとんどなくなりました。しかし、忘れたころにやってくるのが自然災害です。
被災地ではクレートで静かにできないわんちゃんは、避難所に入れない場合があり、車中や動物病院に泊まることになりました。万が一に備えて、この機会にクレートトレーニングをマスターしませんか?

〇レッスン回数

4回目安

トリック(芸)を愛犬と楽しもう!

トリック講座のイメージ

〇内容

オスワリやオテといったワンちゃんの芸のことを英語でトリックと言います。

芸というと動物におもしろいことをさせる、見世物のようなイメージがありますが(そういった意図で学ぶことも良いですが)、トリック(芸)を学ぶことはたくさんのメリットがあります。

まずは、練習がとても楽しいということです。有動トレーナーのトレーニングはトリーツを使う「正の強化」を用いたものですので、ワンちゃん自身が進んでトレーニングに参加してくれます。そして一つのトリックを達成するということは、飼い主と愛犬が共同でひとつの課題をクリアしたという達成感が得られます。これは普段の生活ではなかなか得られません。

また、トリックの練習といっても、やっていることは「飼い主の意図を愛犬に伝える」という行為です。これは吠えや噛みなどの通常の問題行動に対するトレーニングと本質的に同じものです。トリック練習を行うことで、飼い主様自身のトレーニング能力もあがり、普段の困りごとにも対処できるようになります。

他にも、ワンちゃん自身が頭を使うため、トレーニング後はとても疲れてくれること、ボケの防止などにも効果的かもしれません。

〇レッスン回数

1回~

次回開催予定

4/1(水)、4/11(土)

*3/5(木)のトレーニングは諸事情により中止とさせていただきます。申し訳ございません。別日をご検討頂ければと思います。

*4月の後半から5月の前半にかけて、GWでホテルが繁忙期のためトレーニングをお休みさせて頂きます。4/11の次は5月中旬の開催となるのでご了承ください。

 

 お申込みフォーム

 

担当トレーナー

有動敦胡

〇資格
KPA-CTP、ANWI
Karen Pryer Academy Certified Dog Trainer
NACSW K9ノーズワーク準認定インストラクター
IAABC Shelter Division Supporting Member
愛玩動物飼養管理士、東京都動物愛護推進員
一般社団法人the VOICE 代表理事

トレーナー写真

トレーナーHP

〇トレーニング方針
飼い主さまとの楽しいコミュニケーションから、「問題行動」まで、幅広くご相談にのります。痛みや苦痛を伴う道具の使用や、大声を出したり脅かしによって犬を「支配」する方法はいっさいとりません。なぜその行動が犬にとっては必要なのか、飼い主さまにわかりやすく説明し、犬・人間にとって暮らしやすい環境をお手伝いいたします。

  • 噛む
  • 唸る、吠える
  • 留守番が苦手
  • 散歩が苦手(引っ張り、拾い食い等)
  • 怖がり

オーナーコメント:有動トレーナについて

 私は有動トレーナーの

「犬の立場に立ったトレーニング」

「科学的知見に基づいた手法」

に共感してお店でのトレーニングをお願いしています。

 

もともとお店の大きな方針として、

「犬のために」

「科学的知見に基づいて判断する」

ことを決めていました。これは、ペットホテルやペットサロンでも同じです。

そして、もちろんトレーニングについても上記2つの方針に沿ったトレーニングをしてくださるトレーナーさんを求めていました。

 

有動トレーナーは「犬がなぜそのような行動をとるのか」考え、その原因を取り除くアプローチします。場合によっては飼い主様の行動や環境を変えたりといった提案をすることになります。「えっ!そんなことしなきゃいけないの?」と感じられる方もいるでしょう。その人にとっては、どうやったら犬を思い通りに動かせるか相談に来たつもりなので、自分の行動を変えるということは想定していなかったのでしょう。

 

「科学的知見に基づいた手法」は、なんとなく固いイメージを持つかもしれません。”科学”という言葉を敬遠してしまう方もいらっしゃいますが、科学的とは”誰にでも適用できる”という意味になります。

ワンちゃんは十人十色で、同じ犬種、性別、年齢だったとしてもまったく違う性格の子もいます。

そのため、ワンちゃんごとにトレーニング方法を変える必要があることは当然です。

一方で、古典的条件付け、オペラント条件付け、正の強化、負の弱化など生物学的にどのワンちゃんにも適用できる方法論というものも存在します。

これらの用語がわからないトレーナーは、経験に寄ったトレーニングを実施しており、それ自体が悪いとは言いませんが、同じ手法を飼い主様にも適用できるかは疑問が残ります。

 

他にも、きちんと最新の知見に基づいているか、ということも重視しています。

いまだに多くの”犬の専門家”が家庭内の順位付けを意識したトレーニングを推奨しますが、この手法のもととなった研究結果は間違いだったと何十年も前に結論付けられています。

トレーニング手法というのは日月進歩しています。順位付けを持ち出すトレーナーは、優秀かどうかは置いておいて、勉強していないことは確かでしょう。

有動トレーナーはもちろんこの順位付けといった考え方をトレーニングに使用しません。犬を家族の一員として扱います。お父さんと、お母さん、子供、お祖父母に順位なんてありませんよね?(あるという方もいるかもしれませんが)

海外のセミナーに参加して、そのトレーナーグループとの交流を行っています。

 

 以上のような理由から私は有動トレーナーにデルタでのトレーニングをお願いしております。

 私は有動トレーナーのトレーニング手法が「正しい」と言っているのではありません。

 ただ、私の「信念」と「お店の方針」に合っていると考えており、同じような信念を持っている飼い主様が増えればよいなと願っております。


ペットホテル &サロン デルタ

送迎もやっています。川崎市、横浜市、東京一部地域までご対応しています(場所により料金がかかる場合があります)。→詳しくはこちら