【デルタコラム第18回】忙しい人は夜間受付のあるペットホテルを選ぼう

  • HOME
  • ブログ
  • 【デルタコラム第18回】忙しい人は夜間受付のあるペットホテルを選ぼう

夜間受付のイメージ

こんにちは。川崎市幸区にあるペットホテル&サロン デルタのオーナー佐々木です。

最近は共働きのご家庭でワンちゃんを飼っているお客様も多いかと思います。

特に忙しいときに困るのが、急な出張時のワンちゃんの預け先ではないでしょうか?

私も以前の職場で「明日韓国に飛んでくれ」などの指示があったことがあります。

1週間後に、というのならともかく明日、明後日のこととなると愛犬の預け先に困ります。

多くのペットホテルは受付時間が決まっており、それを過ぎたら次の日の朝まで預けることができません。

急な出張だとその日や次の日の朝に預けられなず困ることがあります。

 

急な出張にも対応できる「夜間受付」

そういったときに選択肢に上がってくるのが、夜間受付のあるペットホテルです。

追加料金は必要なものの、24時間受付可能といったホテルもあります。

いざというときにそういったホテルをいくつか目安をつけておくと助かりますね。

 

早朝受付に対応している店舗ある

夜間受付に対応している店舗は、同時に早朝受付に対応している場合も多いです。

前節とは逆に朝早くに家を出なければならない、という場合も前日夜から預ける必要がなく、余計に自宅以外で夜を明かす必要がありません。

当日は出張の準備で忙しくなって行けなさそうという場合は、次の日の出発前に預けると落ち着いて準備もできますね。

 

預ける時間も短く

夜間の受付可能な場合は、通常お泊りでもお得なことがあります。

例えば、預ける時間を短くすることができます。

旅行で21時に帰ってくる場合、20時に営業終了の店舗だと次の日まで1泊余計に預けなければなりません。

一方で、夜間受付が可能だと追加料金はかかりますが、その日中にお迎えに行けて、余計に1泊する必要がなくなります。

 

夜間受付の注意点

夜間受付があるといっても、安心してはいけません。

営業時間外の受付になるので、お店側にも準備が必要で、飛び入りや、今から行っていいですか!?といった場合対応できない可能性があります。

出張ななどが決まった早い時点でお店側に連絡をしておくのが大事です。

 

お得に利用できる場合も

さらに夜間受付をうまく活用すると、普段の利用でもお得に利用できる場合もあります。

例えば、当店では24hで1泊料金となり、その後は延長料金がかかります。

なので、もし夜間にお迎えが可能な場合は、次の日の朝に迎えに行くよりも夜に延長料金を払っ他方がお得な場合もあります。

急な出張の際は川崎市のペットホテル&サロン デルタをご利用ください。

羽田空港からの出張、品川、新横浜からの新幹線出張などに。

ペットホテルのページへ

予約ボタン

 


ペットホテル &サロン デルタ

送迎もやっています。川崎市、横浜市、東京一部地域までご対応しています(場所により料金がかかる場合があります)。→詳しくはこちら