”自宅でペットホテル!?”開業支援~実務経験取得可能~

  • HOME
  • ”自宅でペットホテル!?”開業支援~実務経験取得可能~

*現在2023年3月からの申し込みを募集中です。まずは無料相談へのお申込みください。2023年1月募集締め切り

デルタの理念とペットホテル

デルタでは「自宅でペットホテルを開業したい」という方の支援を行っております。

なぜならデルタの理念は「飼い主と愛犬のより良い生活をサポートする」ことであり、ペットのお預けに関しては、身近に安心して預けられるペットホテルが複数あることが理想だと考えているためです。

 

理想のペットホテルのカタチ

理想のペットホテルのカタチ

 

飼い主様にとって「愛犬を安心して預けられる」「自宅から近くの」ペットホテルが理想であることは言うまでもありません。

どんなに安心して預けられてもそれが何十kmも離れていては利用は困難です。

ペットの家族化によりペットホテルに求められる質は上がってきています。

ケージにいれっぱなしでなく「自宅と同じかそれ以上に愛犬を大事に預かってくれるペットホテル」が求められています。

そしてそういったペットホテルは需要に対して数が全く足りていません。

そのため、多くの飼い主様が愛犬の預け先に頭を悩ませています

 

自宅でペットホテルとは

自宅でペットホテルを開くということは、今住んでいる家に一般の飼い主様のワンちゃんを代金をいただきお預かりするということです。

ペットホテルといえば、お散歩のとき以外ケージに入れっぱなし、夜は人がいなくなるスタイルが一般的ですが、この形態はペットを家族ととらえている飼い主様には受け入れられなくなってきています。

一般のご家庭で部屋の中で自由に過ごせる環境は愛犬家にとって魅力的です。

また開業する当人にとってもテナントなどの初期費用が少なく手軽にはじめられるところも魅力です。

 

将来はこの形態が一般的に

私たちはこの自宅でペットホテルの経営する方は今後増加すると考えています。
理由は2つあります。
ひとつは「ペットの家族化」。飼い主様にとってペットは家族です。ケージにいれっぱなしでなく、「自宅と同様に過ごしてもらえる」ペットホテルの需要がより高まるでしょう。

そして、そういったお客様は多少料金が高くても預けてくれます。料金を高く設定できるのであれば、参画する人も増えてくるでしょう。


ふたつめは「新型コロナ」です。新型コロナにより、否応なく社会は変化しました。多くの人が集まる機会はどんどん減っていくでしょう。そういう社会では、大型店よりも、小型店が有利です。また、自宅が職場になるので、多くの人と接することもなく、自宅で仕事ができるという点でも有利です。

 

自宅でペットホテル→成功できるの?

とはいえ、自宅でペットホテルをほそぼそとやったところで、本当に成功できるのか?という疑問をお持ちの方も多いと思います。

もちろん成功の定義はひとそれぞれではありますが、ここではそれなりの都市部で、月に22日営業、1泊6,000円のペットホテルを開業したと仮定します。

自宅で預かれるワンちゃんの数を最大4-5頭として、1日に平均2頭のワンちゃんが来るとします。

この場合は、44頭×6,000円=264,000円の売上になります。

ペットホテルにかかる費用というのは、多めに見積もって売上の10%程度(26,400円)なので、収入は237,600円となります。

儲かるとはいいがたいかもしれませんが、生活するには十分ですし、質素な生活で良ければこれをメインの職業にもできると思います。

日本のサラリマーマンの平均年収は400万円くらいなので、それよりは100万円ほど少なくはありますが、煩わしい人間関係や毎日ノルマに追われて残業しながら生活するよりかは、幸せと感じる方もいるのではないでしょうか?

また、もちろん自身の努力により売り上げは増やすことができます。

資格を取って(ドッグマッサージや手作りおやつなど)、オプションをつけたり、繁忙期はちょっと頑張れば売り上げを増やせます。

逆にパートナーガ働いており、そこまで忙しくしたくないという場合は、頭数を制限したり、週末限定の営業などにしてもよいかもしれませんね。

 

感謝される仕事

そしてこの仕事は何より感謝されます。

フリータイプで夜もワンちゃんと一緒にいてくれるというペットホテルはまだ数が少ないのが現状です(おそらく全体の10%以下でしょう)。だからこそ、多くの飼い主様が愛犬の預け先に困っています。

困っているお客様を助けてあげること、これこそが仕事ではないでしょうか?

想像してみてください。
自宅にワンちゃんがいる生活を。
可愛い子や元気な子、ちょっといたずらな子も来るかもしれません。でもみんなかわいい子達です。

一緒に遊んであげたり、お散歩に行ったり、ご自分の愛犬と仲良くなるとよいですね。また、夜はみんなで一緒に寝るのもよいかもしれません。

飼い主様はずっとあなたが開いたようなペットホテルを熱望していました。
旅行や仕事のときに気軽に預けられ、愛犬に不便な思いをさせる必要がなくなり、安心します。
「ありがとう」「本当助かった」
そういった言葉が聞ける仕事に魅力を感じませんか?

 


自宅でペットホテル:開業方法

では自宅でペットホテルを開くにはどんな条件が必要でしょうか?

まず、ひとつは自宅の用途地域がペットホテルを開けるかどうかです。

市のHPなどで用途地域を調べることができます。ペットホテルを開くことができる用途地域は市や区により多少違いはありますが、[低層住居専用地域]では開業できない場合が多いです。

もし自宅の用途地域がこれに当てはまる場合、残念ながら引っ越しなどをしない限りペットホテルの開業はできません。

 

もう一つは、[動物取扱責任者]の認定を受けられるようになる必要があることです。

これは、ペットホテルに一人以上いなければならず、この責任者になれるのは、

認定資格+半年以上の実務経験

が必要です(正確には、認定教育機関の卒業、獣医師資格を持っているなどもありますが、対象とする人が少ないと思うのでここでは省略します)

[認定資格]についてはそれほど難しくはありません。ペットホテルを開業する予定の行政に行き、何が認定資格を聞いてそれを取得すればよいだけです。多少のお金はかかりますが、素人でもしっかり勉強すれば数か月で取得できるものが大半です。

[実務経験]未経験からペットホテルの開業を目指す際に最もネックになるのが、この実務経験でしょう。これは文字通りペットホテルやペットショップ、トリミングサロンなどで半年以上働いた経験が必要という事です。しかも半年間所属していただけでなく、フルタイムで半年相当の経験が必要となるようです(行政区による)。ただ、ペット業界は、コンビニやスーパーなどに比べると、求人が少ないのが現状です。また、その少ない求人に応募が殺到したりするので、未経験で半年間だけ働きたいと正直に面接に行っても、採用は難しいでしょう。

 

ペットホテルの難しさ

ここまでペットホテル開業の魅力に関して話してきましたが、もちろんリスクもあります。

よく、私はワンちゃんを飼っているから、ペットホテルもできるはず、、、という方がいますが、これは考えが甘いといわざる負えません

例えば、

「毎日家族に料理を作っているから、レストランを開けるはず」

「子供がいるから、保育士の仕事はできるはず」

といっている人がいたら、誰もが疑問を覚えるはずです。これは、自分の子や家族を相手にすることと、不特定多数のお客様を満足させなければならないことの違いと言えます。

自分の愛犬は何年も一緒にいるので、性格もわかっており、気を付けなければならない点も知っています。また、ワンちゃん自身も慣れ親しんだ環境で、安心しています。

一方でペットホテルに来る子というのは、訳も分からず知らないところに置いて行かれた不安だらけのワンちゃんたちです。しかも、私たちは彼ら性格も気をつけなければならない点もわかりません。そういった子たちのお世話は自分の子のお世話とは全く違います。

また前述したようにペットの家族化という話をしましたが、それは裏返すとお店に対する要求が高く、問題が起こった場合のリスクが高いとも言えます。

最悪、ワンちゃんを脱走させてしまい死なせてしまったりすると、精神的な苦痛を理由に民事で数百万の支払いを求められた事例もあります。

何より大事な家族を死なせてしまったという経験はあなたのその後の人生にきっと一生付きまとうことになるでしょう。

さらに開業するということは経営を行うということでもあります。先ほどのレストランの例のように、料理がうまいだけではお店は経営できません。仕入れや、集客、トラブルの対処や税金関係の業務も行わなければなりません。

自分が毎日12時間仕事をしたとしてもおそらく1/3から半分はこういった、ワンちゃんと接する以外の仕事に時間をとられるでしょう。

半年という期間もペットホテルの経営を始めるにあたっての修業期間として長いとは言えません。

実務研修を行うことと並行して密度の濃いセミナーを実施するので、気力と体力も必要です。

また、私たちは自宅でペットホテルを行う方が増えればよいと考えていますが、それはとにかく数が増えればよいとは考えていません。

実務研修を通して、開業は難しいと判断した場合は、途中でやめてもらう(契約解除)場合もあります

逆に言えば、あなたがこの研修を無事に卒業できればそれはある程度自信をもってよいということでもあります。

 

デルタの開業支援

デルタでは、想いがあるけど[実務経験を取る目途が立てられない]、[帳簿の管理や万が一のときが心配]という方に対する開業支援を行っています。

まず、デルタの開業支援を受けられる方は、優先的に当社のペットホテルの従業員として採用します

そして実務経験の資格が得られるまでの短期間でのデルタで働いてもらいます。

また、開業支援には[犬の扱い方]や[トレーニングの基礎知識]さらに[接客術]などのペットホテルを運営するのに最低限必要な研修を行います。

そして、開業時はデルタの支店として開業してもらいます(任意)。

これにより、デルタの会計システムを利用でき、日ごろの帳簿付け以外の帳簿付け業務はこちらでまとめて行います。

開業当初に苦労する集客についても、デルタのサービスが利用できます。

デルタのHPは[川崎 ペットホテル]などの検索ワードで1ページ目に表示されるなど、集客効果が高いですし、チラシの作成、SNS利用のコーチングも可能です。

1~2年も売上がなかなか上がらない、という状況なりずらくなります。

デルタの支店として運営していくため、万が一のときなどの対応の手助けや、事故やクレームなどの困りごと対応も引き受けられます。

一方で、デルタの支店として開業する場合は、知識・実技の点でそれなりの基準に達してもらう必要がありますが、逆考えるとその基準をクリアすることが開業の自身にもなるでしょう。

 

ペットホテルは開業してからが大変

また、これまで「開業するまで」の話をしていましたが、当然どんな商売も開店した後が本当に大変です。

どうやってお客様を確保するか

クレームにどうたいしょすればよいか

事故が発生した時にどうすればよいか

帳簿はどうつければよいか

確定申告(決算)はどうすればよいか

などなど。本業と関係ないところで仕事を維持するための仕事はたくさんあります。

 

開業支援内容

デルタの開業支援の内容は大きく分けていかになります。

事業計画作成の手伝い

ペットホテルを開業したい方にも色々なケースがあると思います。

〇専業主婦(主夫)なのでアルバイトとしてペットホテルを開業したい

〇生活基盤を形成する上の仕事としてしっかり働きたい

それぞれでどのくらいの規模で行うか、値段設定はどうするか、地域の状況からそれが可能かなどをアドバイスさせて頂きます(週1回1時間まで可能)。

 

ペットホテル実務経験の取得


前述しましたが、開業支援を受けられる方はデルタで優先的にスタッフとして採用します(採用状況により人数制限あり)。

働きながら開業に必要な知識を学び、並行して事業計画書などの作成を行います。

 

犬に関する最低限の知識の講義

犬の生物学、行動学、トレーニング、病気に関する対処法など、ペットホテルを行う上で最低限の知識を伝授します。

また、SNSを活用した集客術や、接客技術などもお教えします(週1回1時間24回コース)。

デルタの支店として開業する場合は、開業後も本コースの資料やセミナー動画を閲覧することが可能です。

 

料金(コース開業開始1年目の特別割引プラン)

実務経験の取得ありの半年コース:305,200円(税込)

半年間の実務経験取得+24回セミナー(経営知識+犬知識)

利用契約書

開業支援のみ:180,400円(税込)

24回セミナー(経営知識+犬知識)(1回1時間、24回コース)

ペットホテルのお仕事1日体験コース:7,700円(税込)*随時受付中

ペットホテルのお仕事に興味はあるけど、どんなものかよくわからない、開業を決めているわけではないが、ちょっとお仕事を経験したいという方向けのプラン

半日6時間ほどペットホテルのお仕事を中で体験して頂けます。

また、ケージタイプのホテルでは働いていたから実技経験資格はとれるけど、フリータイプの仕事を1週間くらい体験したいなどのご希望があればお申し付け下さい。

お客様に応じたプランのご提案をさせて頂きます。

*体験コースは原則随時募集しております。

【契約について】

実技研修の講座はお申込みを頂いた時点で仮予約とし、仮予約後1月以内の契約書類の締結および入金を確認しての本契約となります。

 

無料相談

まずは無料相談にお申し込みください(現在コロナの影響でオンラインでのみ開催しております)。

申し込みフォーム

お気軽にお申込みください。

〇用途地域ってどうやって調べるの?うちで開業できますか?

〇支援はこういったこともしてくれますか?

〇こういうホテルを想定しておりますが、可能でしょうか?

 

申し込み手順

①無料相談の受講(テレビ電話可)

②申込書兼志望書類の提出

③書類選考で受講者の決定

 

研修内容

研修の内容は”犬に関する知識”と”開業・経営に関する知識”の2つに分類されます。

最短で半年のコースの場合は、週に1回、各1時間程度の講義を受けて、開業時にトラブルにならないようにします。

”開業・経営に関する知識”では、事業計画書の書き方指南やSNSなどを利用した集客準備などの実践も行います。

 

 

 

→オーナーから