デルタの理念:「お客様」「私たち」「社会」「ペット」を幸せにするサービスの実現 ペットホテル ペットサロン デルタ

  • HOME
  • リクルート
  • デルタの理念:「お客様」「私たち」「社会」「ペット」を幸せにするサービスの実現 ペットホテル ペットサロン デルタ

こんにちは。川崎市幸区小倉のペットホテル&ペットサロン デルタの佐々木です。

ここではデルタのメンバーに加わることを検討している方に向けた会社紹介のブログです。

今回は会社の理念について説明させて頂きます。

私たちは、経験や技術、知識も重要ですが、一番は理念に共感してれる人と一緒に働きたいと思っています。

当社の理念を気に入ってくれた方、共感できる方はぜひデルタにいらっしゃってください!

 

デルタの最終目標「人と犬が共存できる社会の実現」

私は自己紹介でも書いていますが、この業界に入ったきっかけはペットたちの殺処分数の多さに心を痛めたからです。

昔と比べて減ったとはいえ、まだまだ犬猫の殺処分数は少なくなく、たくさんの犬猫が本人の意図とは別に命を絶たれています。

 

私は犬や猫が大好きだったので、現在の状況というのが我慢できませんでした。

ボランティアなども活動にも携わっていますが、もっと根本的にこの問題を解決するにはどうすればよいだろうか、どういう社会が理想かを考えました。

殺処分がゼロになる事でしょうか?

 

確かに犬や猫を殺す必要がない社会は良いかもしれません、でも殺処分をゼロにするために劣悪な環境で生き続けることが正しいことでしょうか(実際にそういった事例があります)。

 

ペットたちが信頼できる飼い主の下で健康に快適に過ごせること(QOL:Quality of Lifeが高い)が大事だと考えます。

 

これが実現できている飼い主であれば当然自分たちの家族を捨てるという選択肢にはならないはずです。

そして犬がより人社会に溶け込み、レストランや電車などの公共の場にも動物たちが自然にいることそういった社会を実現したいと考えています。

 

ペットを飼うための環境は整っているのか?

殺処分という現状はなぜ起こってしまうのでしょうか。

 

それは一度犬猫を家族として迎えた人たちが捨てるからです。

 

家族の死や病気などの避けれない事情もあるでしょうが、飼ってみて想像と違った、しつけが上手くいかなかったなどの対処できたのではないかと残念に思うケースも多々あります。

 

これは個々の飼い主様の責任もあるかもしれませんが、そういった齟齬が起こる環境要因もあると考えています。

 

人が子供を授かった場合、子供を生まれてからの最低限の知識を産婦人科や公共の支援で得ることができます。

また生まれてからも仕事を続けるための幼稚園やベビーシッター、学校などの子供たちを預かって、教育するサービスがあります。

一方でペットを迎える場合はこれが十分とは言えないと思います。

 

・ワンちゃんを迎える時にその労力を正しく理解する

・しつけやトレーニングに関して勉強する機会を得ることができる

・不足の事態に頼れるサービスが存在する

これらをしっかり行うことで、犬猫を迎えたあとの理想と現実の差異は少なくなり、手放す人も少なくなるのではないかと考えています。

 

上記の足りないサービスを補完するための役割を担える会社になりたいと考えています。

 

「私たち」だけが負担を担わない

もう一つ考えなければならないのは、自分たちのことです。

ペットが幸せになって欲しい、こういった想いを持つ人は多いと感じています。

 

多くの人が殺処分が仕方のないことと考えてはおらず、何とかできるならしたいと思っているでしょう。

想いが特別強い人はボランティアをしたり、自身の身を削って犬のために尽くし、低価格で手厚いサービスを展開したりします。

もちろん個人の人生ですから、本人が満足であれば否定するものではありませんが、やはりそれでは根本的な解決にならないと考えています。

 

ワンちゃんのために身を削ろうという人はごくごく一部です。

たとえその人が良いサービスをしたとしても、後継者がいなければその場限りの対処になってしまいます。

ほとんどの人は自身(や家族)の生活に幸せがあり、それを満たしたうえでできる範囲でどうにかしたいと考えます。

生活のための賃金がしっかり得られ、余暇もあり、それでいて飼い主様達に感謝されて、ペットも幸せになる。

そいうったサービスのシステムを作ることで、多くの人が私たちの会社で働くことで、自身の生活を充実しつつ、ペットたちを助けることができるようになれば良いと考えています。

 

4方良しの商売を実現する

「3方良し」という近江商人の格言があります。

「売り手(私たち)」「買い手(飼い主様)」「社会」が満足する商売が良い商売という意味です。

これはとても大事なことで、私たちだけが儲かる、自分たちが身を削って飼い主様だけが良いサービスを受ける、脱税などして社会のルールから外れることなく、みんなが幸せになる、また逆に考えるとそれぞれが少し負担をして良いサービスを続けられることが大事だということです。

これが上手くいかないと、お客様が離れて行ってしまったり、後続が育たなかったり、社会から罰を受けたりしてしまいます。

継続するためにはそれぞれのバランスが大事だということです。

そして私たちはペットという命を扱う職業ですから上記の3点に「ペット」をくわえることも必要だと考えています。

「私たち」「飼い主様」「社会」「ペット」の4方良しのサービスを実現することが私たちの会社の目標です。

 

理念の実現には実力が必要

最初に書いたことと矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、これらの理念の実現には想いだけでは足りません。

前述した理想の社会に共感してくれる方は多いと思います。

沢山の賃金をもらい、お客様も安く利用できて、ペットたちも楽しく過ごせるようなサービスをしたいと誰もが考えているのではないでしょうか?

ではなぜそれが実現できないのかといえば、それは売り手の実力が足りないからと考えます。

十分な賃金をもらうにはお客様にそれなりの料金を払ってもらう必要があります。

一方で買い手からすれば高いお金を払うのだから高いサービスを受けたいと感じるはずです。

理念を実現するにはサービスを提供する私たちが高い技術を知識を持っている必要があります。

会社や個人のガンバリが理念実現には必須なのです。

私は想いの強さは行動に現れると考えています。

口でやりたいです、ガンバリますというのは簡単に言えます。

でも本当にその思いがあるのであれば、きっとすでにあなたは行動を起こしているはずです。

経験が足りない場合は、できる行動に限りはあると思いますが、ぜひ今自分がしている行動で想いを示して欲しいと思います。

私たちは個人の理念の実現に必要な環境を提供しその補助を行う準備があります。


ペットホテル &サロン デルタ

送迎もやっています。川崎市、横浜市、東京一部地域までご対応しています(場所により料金がかかる場合があります)。→詳しくはこちら