【デルタコラム第24回】犬の社会化。成犬になっても大丈夫?

  • HOME
  • ブログ
  • 【デルタコラム第24回】犬の社会化。成犬になっても大丈夫?

社会化した犬

こんにちは。川崎市幸区のペットホテル&ペットサロン「デルタ」のオーナー佐々木です。

ワンちゃんの中には、他のワンちゃんが苦手な子がいらっしゃり、よくご相談を受けます。

私たちは、そういった飼い主様に一時預かりや犬の幼稚園をご紹介するのですが、よく言われるのが「もう〇歳なんですけど大丈夫ですかね?」というものです。

子犬の時期に社会化が必要というのは、ネットなどでもあらゆるところで書かれており、愛犬がパピーの時期にペットショップの店員やトレーナーさんからパピークラスを強く勧められた経験がある飼い主様も多いのではないでしょうか。

確かに社会化には子犬の頃が適しております。

しかし、「子犬の時期に!」「今だけ!」みたいな広告が多いがゆえに、大人になったらもうだめかなと思ってしまっている飼い主様がいらっしゃることはてももったいないと思っています。

成犬になっても、犬嫌いは治りますし、知らない人にも飛びついていくようなる可能性もあります。

愛犬が社会化不足と感じていたらぜひ今からでもがんばってみませんか?

 

身近な成功例「愛犬デルタ」

私の身の回りには社会化に成犬になってから成功した例をたくさん知っていますが、最も身近な成功例が私の愛犬デルタです。

デルタは当時3歳の雌のシェルティで、他のワンちゃんに全く興味を示さず、他の犬や人がいるとすみっこの方で縮こまっていました。

私がお店を開業してからもしばらくはクレートの中から全く出てこれませんでした。

最初はおやつをたくさんあげて、1,2時間で家に帰したりと、なるべくストレスにならないように注意して社会化をしていった結果、今では他のワンちゃんとも遊べるようになり、ちょっとやんちゃで困るくらい、元気な看板犬として過ごしてくれています。

自分の愛犬が他のワンちゃんと遊び始めたときは本当に嬉しかったです。

私は犬の十数年という短い犬生のなかでたくさんの経験や楽しいことを経験して欲しいと思っています。

忙しい時期に、仕事の合間を縫って社会化をするのは大変でしたが、頑張ってよかったなと思っています。

デルタが初めて他のワンちゃんと遊ぶまで2カ月ほどかかりました。

もちろん毎日お店に来てトレーニングをしていた結果です。

これを長いとみるか短いとみるかは人それぞれですが、まだまだ5年も10年もある犬生をじっと家の中で過ごすか、そとでのびのび遊べるかと考えると、ちょっと無理をしてでもトレーニングをして良かったと思っています。

ペットホテルのお客様_みるくちゃん

 

子犬が社会化に適している理由は?

人間もそうですが、赤ちゃんや乳幼児のころはいわゆる警戒心というものがありません。

なんにでも興味を持ち、恐れることなく向かっていきます。

そのためこの時期に出会ったものは、成長してからも自然と受け入れられるため、子供の頃の経験や学習が強く推奨されています(英語とか)。

犬の場合は生後6~12カ月くらいでだんだんと警戒心が出てきます。

そうすると新しいものに出会うとまずは警戒するようになります。

一方で、もともとあった好奇心がなくなっているわけではないので、きちんとした手順を踏んで経験をさせればそれを受け入れるようになってくれます。

 

子犬の社会化にも注意が必要

また、本論とは少し外れますが、子犬の頃は警戒心がないからこそ危ない目にあうリスクも高いです。

唸っている犬に不用意に近づいて行ったり、車や自転車などにも平気で近づこうとします。

もし、このとき他のワンちゃんにけがをさせられたり、自転車と接触したりすると、逆にそれらの経験がトラウマになり、それらの対象にマイナスイメージを持ってしまいます。

可能ならまずは夜の刺激の少ない時間からお散歩などをはじめ、犬と会わせる時もプロの監視下やお友達のおとなしく友好的なワンちゃんから始めましょう。

→参考:【デルタコラム第21回】初めてのドッグラン!愛犬を犬嫌いにさせないための3つの注意点

 

成犬の社会化

警戒心と好奇心

成犬の社会化は警戒心を持ってしまっているために時間がかかることは確かです。

しかし、どんなに年をとっても社会化できないということはまずありません。

かれらの警戒心の裏には好奇心が必ずあり、友達と遊びたいという想いを持っています。

警戒心のハードルを見極め、刺激を上手くコントロールすると、友達は必ずできます。

 

成犬の社会化はプロに相談

成犬の社会化は前述したように、警戒心を上手く取り除くことが大事です。

犬嫌いの子と遊び好きな子を急に一緒にすると、逆に犬嫌いが増してしまったりする場合があります。

犬のボディランゲージを見極めつつ、最初はおとなしい子と一緒に入れるようにして、だんだんと活発な子に会ってもらうことが大事です。

一方で、都合よくこういったワンちゃんが身近にいない場合もあります。

もともと犬嫌いの子ですと、残念ながらもともと犬友達が少なかったりします。

そういった場合、ぜひデルタにご相談ください。

デルタでは、ホテルやサロンでお預かりのワンちゃんや、スタッフ犬など色々なワンちゃんがいるため、その子にあったワンちゃんにお会いしてもらうことが可能です。

デルタ犬の幼稚園

 

犬の幼稚園_申し込みフォーム


ペットホテル &サロン デルタ

送迎もやっています。川崎市、横浜市、東京一部地域までご対応しています(場所により料金がかかる場合があります)。→詳しくはこちら