【デルタコラム第6回】犬についてわかっていること、わかっていないこと

  • HOME
  • ブログ
  • 【デルタコラム第6回】犬についてわかっていること、わかっていないこと

 

こんにちは。デルタのオーナーの佐々木です。

川崎市に店舗がある当店ですが、最近は横浜や東京いった離れた市町村からワンちゃんを預けに来てくれる飼い主様が増えてきました。ありがたいことです。
口コミやお客様からの感想から、ケージレスや24時間スタッフ在中などのサービスとともに、ワンちゃんのことを第一に考えた接客を評価していただいていると感じております。

デルタの接客〜ワンちゃんのトータルケアを目指して〜

ペットホテル やペットサロンでは、安全にワンちゃんをお預かりすること、トリミングを行うことが仕事ですが、同じぐらい飼い主様とのコミュニケーションが大切だと考えております。
お手入れの悩み、しつけの悩み、時には病気や介護などのお悩みなもできうる限り力になりたいと考えております(後半は獣医師さんの範囲ですが)。
ペットサロンは飼い主様が定期的に来てくれるお店です。だからこそ、ワンちゃんの異常や変化に気づける立場にいると考えています。

犬に関する研究は驚くほど進んでいない

話は変わりますが、犬に関する研究というのは、どれくらい進んでいると思いますか?
犬と人の関係は動物の中ではもっとも古く、何万年も前から、他の動物にはない絆を結んでいたと言われています。
このことから、犬に関する研究は他の動物にくらべてとても進んでいると思われるかもしれません。
しかし、近すぎるゆえなのか、実は犬に関して本格的な研究が始まったのはここ数十年で、犬に関してはまだまだ分からないことだらけなのです。

犬の性格・心理面は発展途上

ワンちゃんが何を考えているかということは、おそらく全ての飼い主様の関心ごとかと思います。
「この子は幸せなのかな?」「寂しいのかな?」「怒っているのか?」
少なくとも私はとても知りたいと思っています。
しかし、残念ながら犬に関する性格や心理面は発展途上といわざる負えません。
①犬は上下関係を意識しない?
十年くらい前まではしつけに関して「上下関係」を大事にすることが当たり前でしたが、この根拠となっている研究は間違いだったことが分かっています。
もちろん、この研究が間違っていたからといって上下関係がないとは言えませんが、最近は犬のQuality of Life(生活の質)向上の観点からも、上下関係を考えないしつけが増えているように感じます。
②犬種間の性格の差異はほとんどない?
ピットブルという犬は犬種的に凶暴だと言われており、お店によってはピットブルだからとお断りをするお店もあるそうです。
海外だとピットブルは噛みつく事例が多いとされていましたが、これもデータを良く調べたら、誤りであることがわかりました。
ピットブルはその外見から怖がられ、外見が似ていて凶暴な犬がピットブルとして報告されてしまっていたようです。
最近の研究では犬種間の性格の差は個体差とほど区別がないと言われています。
③犬は高度な感情をもつか?
「飼い主が他のワンちゃんと遊んでいると嫉妬して怒った」といった会話をよく聞きます。
興奮や喜びにくらべ、嫉妬などの感情は高度なものと認識されています。これは嫉妬が人間でも程度成長しないと出てこない感情でり、嫉妬するには、ある程度の知能・知識が必要だからです。
では、犬がどの程度まで高度な感情があるかというと、これも意見が分かれます。
ある研究者は、犬は人間の2~3歳程度で発現する感情しか獲得できないと主張していますが、一方で嫉妬の感情をもつという研究者もいます。
これらは一部ではありますが、私たちが知っていると思っている犬の特徴は、科学的に証明されていないことが多いことが分かります。

「わからない」ことを自覚する

私たちは、犬について過信しないよう心がけています。
ワンちゃんと毎日のように接していると、なんとなく自分の経験から「こうすればよい」「こういう事例が多い」ということが見えてきます。
しかし、前述したように犬にとってはわからないことがたくさんあり、過去に正しいと思われた理論がどんどん更新されていっています。
つねに勉強をし続けるのはもちろんのこと、自分が当たり前と思っている常識を疑い、低い可能性を除外しないように注意しています。

「決めつける」ことは他の可能性を消してしまう

物事を「決めつける」ことは、リスクを伴います。
「決める」ことは、行動するには必要なことですが、他の可能性を消してしまうことにも繋がります。
その結果、不利益をこうむるのはワンちゃん自身です。
このような「決めつけない」態度というのは得てして自身不足に見え、商売上は不利であると言えます。
しかし、私たちの利益のためにワンちゃんたちが不利益を被るのは本意ではありません。
商売上マイナスになったとしても、ワンちゃんのことを第一に考えたサービスを提供したいといつも心がけております。

ペットホテル &サロン デルタ

送迎もやっています。川崎市、横浜市、東京一部地域までご対応しています(場所により料金がかかる場合があります)。→詳しくはこちら